タレントの長嶋一茂さんが週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、新潮社(東京)に1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は24日、名誉毀損を認め、165万円の支払いを命じた。

 問題となったのは週刊新潮の平成25年5月16日号の記事。一茂さんが、父親でプロ野球巨人元監督の茂雄さんの記念品を無断で売却したことなどをめぐり、家族内でトラブルになっているという内容だった。

 倉地真寿美裁判長は「記事は家族の私的な問題を取り上げたにすぎず、公益性がなく、プライバシーの侵害に当たる」と判断した。

 週刊新潮編集部は「受け入れがたい判決だ。判決文を精査した上で、控訴を検討したい」とコメントした。



go to source